So-net無料ブログ作成
検索選択

蓮舫氏入閣、亀和田武氏は不支持「すきまタレント」(スポーツ報知)

 菅直人新首相(63)は8日、内閣の顔ぶれを正式発表。目玉の1人が、行政刷新相に起用された蓮舫参院議員(42)だ。事業仕分けで人気を得て入閣したが、これに「待った」をかけたのが、作家でコラムニストの亀和田武さん(61)。かつて蓮舫氏とともにワイドショーの司会を務めたが、蓮舫氏のキツ〜イ一面を目撃。菅内閣の人事に警鐘を鳴らした。

 亀和田氏が蓮舫氏とTBSのワイドショーに出演していたのは92〜93年。当時の蓮舫氏は「このポジションを絶対手放さない!という感じ。一言文句を言われると、百言言い返していた」と言う。プロデューサーから注意されても突っぱね続け「泣きながら部屋を出て行くのを見た」。周囲も手を焼き「楽屋は大変だった。事業仕分けなんかかわいい方」と振り返る。

 衝撃は92年秋、亀和田氏がそれまでの週1回のゲスト出演から、レギュラー司会陣に加わったときだ。にこやかだった蓮舫氏が「豹変(ひょうへん)した。激しく敵対意識を持って向かってきた。自分が作ってきた番組だったので、おもしろくなかったのでは」。さらに「(トークを)オレに振らないんだよ! しゃべりにくい事件だけ振ってくる。オレは大人の対応をしたけどね」という。

 ギスギスしていたある日、蓮舫氏が急に愛想良くなった。後に、亀和田氏と親交のあるジャーナリストが蓮舫氏に「カメちゃんとうまくやってる?」と軽口を叩いたことが発覚。社会派ジャーナリストを目指す蓮舫氏が「オレもその仲間なので、仲良くしておこうと思ったのでは?」。その後、蓮舫氏はテレビ朝日のニュース番組へ移った。

 事業仕分けでもてはやされた蓮舫氏だが「いやな女、悪相になったと思った人は潜在的に多いはず。そもそも女優でもアイドルでもない、すきまタレント。政治が今、本職で落ち目の人の敗者復活戦になっている。その象徴で起用は浅はか」亀和田氏はため息をついた。

 【関連記事】
行政刷新相に蓮舫氏
菅新首相、枝野幹事長を内定 消費者行政・少子化担当相には蓮舫氏
「脱小沢」94代菅新首相 枝野幹事長、仙谷官房長官、蓮舫氏は消費者相か
蓮舫氏も「おかしい」党運営に不満続出

菅首相の取材「1日1回」=官邸が内閣記者会に提案(時事通信)
誰だ!児童栽培のプチトマト30鉢、ため池に(読売新聞)
雑記帳 人間向け「鹿せんべいアイス」が人気…奈良(毎日新聞)
郵政法案、臨時国会で成立を=前原国交相(時事通信)
両陛下が岐阜で「海づくり大会」ご出席(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。